練馬区大泉学園ゆめーてる商店街

窪田屋酒店

冷たいは七難隠す?? それとも……

どーもです!

遅くなりましたが、前回の記事の続きです

-2.0℃で味わう新感覚の日本酒と銘打った

こちらの商品についてです!







燗における温度別の呼称を以前お伝えしましたので、
ここでおさらいがてら見ていきましょう!

55℃以上飛び切り燗
50℃熱燗
45℃上燗
40℃ぬる燗
35℃ひと肌燗
30℃日向燗
20℃常温



続きまして常温(20℃ほど)から下の冷やにおける温度別の呼称について

15℃涼冷え
10℃花冷え
5℃雪冷え


と以上のようになっております!

そして今回、新たに提唱するらしい温度帯と呼称が
15℃涼冷え
10℃花冷え
5℃雪冷え
-2.0℃雪どけ


だそうです!新しいですね~!!


さて、官能評価的な話をしますと

通常鑑評会等々、割とガチめな利き酒をする際の温度は

15℃くらいから20℃くらいの温度帯で行うところがほとんどだと思います

これはお酒の問題でもあり
人間の舌の問題でもありまして、

人間の舌はだいたい20℃くらい

最も味覚が敏感になる温度帯でして

清酒は清酒で、冷たくなればなるほど(雪冷えは最たるもの)

香りはかたいどころか、ほとんど感じられません


逆にいえばどんなに美味しくないお酒でも
キンキンに冷やして飲めばそれなりに飲めてしまいます


まさに
色の白いは七難隠すでなく
冷たいは七難隠す、というわけです


日本人は「はい」・「いいえ」・「どちらでもない」という選択肢なら
「どちらでもない」を選ぶ方が多いとよく聞きますが
こと飲料に関しては違うようですね!

ファミレスで出されるお冷にが入ってないだけでクレーム入れる人もいましたし(冷たい水がよかったのでしょうか?)

氷点下で飲むビールが好評のようですしね!
ビールの本場ドイツではビールは常温で飲むものらしいです


今回、クラウドファンディング形式でこの蔵元さんは資金調達していますが

目標金額100万円に対して、残り2か月以上残し、
既に現在集まっている金額は

達成率700%超の710万円です (H29.4.4時点)

それほどこの商品に訴求力があるということでしょう!

なので清酒の酒質というよりは 過冷にも似た

「冷や」が好きな日本の文化的な側面にうまくフィットした提案なのやも知れませんね!

そうした点ではこの新しい蔵の提案を

冷ややかな目で見るのではなく
温かい目で見ていこうかな、と思います

参考までに、まだ募集しているので、応援する方はこちらから見てみてくださいね

Koki
イベント・お知らせ
  • 店舗トップ
  • サイト内検索
  • rss・feed
  • サイトトップ・ゆめーてる商店街
  • 会員店舗紹介

窪田屋酒店

東京都練馬区|西武池袋線大泉学園駅北口|アニメと特撮・銀河鉄道999の街