練馬区大泉学園ゆめーてる商店街

窪田屋酒店

『喜楽里 純米原酒』 新酒、入荷致しました! 僕の好きなお酒の一つ!

どーもです!

早速ですが、新酒のご案内です!

↓↓↓

喜楽里 純米原酒③

和歌山県は「髙垣酒造」より『喜楽里 純米原酒』です!!

髙垣酒造さんや喜楽里に関しては過去に幾度か書いていますので、ご参照頂ければ幸いです!

喜楽里 純米原酒①

今回はカートン付きにしました! が値段は据え置きです!

髙垣社長のお話しでは、

この喜楽里は「仕込の際、皆様にワイワイ、ガヤガヤ楽しんで飲んでいただけるのをイメージして造ります」

とのことで、またラベル裏には
喜楽里 純米原酒② 日本酒は古来より年の節を喜ぶ時、祭りの賑わいを楽しむ時、人と世の目出度さを祝うときにはなくてはならないものでした。その郷里の文化を大切に「地方でもきらりと光る酒でありたい。」そういう想いを礎にして丹精こめて低温長期醗酵さあせたお酒です。日本の酒の良さを感じ取っていただければ幸に存じます。


と書かれております。

例えば直会(ナオラヒ)、今でも行われている神事の一つでは、

はじめはご神前へ(神様へ?)お供えし、その後に人間がお供え物を頂くことで、人と世(先祖とか?)との結びつきを強くするといった意味合いがあります

そうしたもともとの極めて格式高い(?)ものから

誕生日、入学式、成人式、結婚式、などいわゆる「晴(ハレ)」の日に飲むためのお酒、

あるいは「なんでもない日・日常」いわゆる「褻(ケ)」の日に飲むためのお酒など、

あらゆる日本の文化的背景にはお酒が付きもの(憑きもの)なのでございます

余談ですが、以上を含めて僕の名刺には「晴と褻と酒」とキャッチコピーを打ってあります、韻も踏んでて気持ちいい!


喜楽里 純米原酒④


話が逸れましたが、そうしたどのようなシーンでもワイワイ賑わいながら楽しく飲める、そんなお酒が『喜楽里』です!

僕は友達が少ないというかいないので、ほぼボッチ酒ですけどねっ!!

さて29BYの新酒 『喜楽里』はまだ未飲ですので、改めてじっくり飲んでみてレビューしたく思います!

今季は『里の花』も初めて取ったのでそちらも後日アップします!


どうぞよろしくお願い申し上げます!!

いつもご愛顧いただきありがとうございます!

ばいびっ!

Koki
イベント・お知らせ
  • 店舗トップ
  • サイト内検索
  • rss・feed
  • サイトトップ・ゆめーてる商店街
  • 会員店舗紹介

窪田屋酒店

東京都練馬区|西武池袋線大泉学園駅北口|アニメと特撮・銀河鉄道999の街