練馬区大泉学園ゆめーてる商店街

窪田屋酒店

秋上がりの時期がやって参りました



どーもです

まだ暑い日が続いておりますが、夏は終わり次第にの訪れを感じさせる気候になって参りました

スーパーではサンマが売られ、季節モノのケーキも桃からブドウ、栗へと変わって来ました

清酒はというと、相変わらずお米を使っております笑

ただし、清酒にはこの時期にしか飲めない「季節モノ」があることをご存知でしょうか?

「秋上がり(秋晴れ)・ひやおろし」 などの名称がそれにあたります

冬の間に造られた新酒をすぐには出荷せずひと夏酒蔵で寝かせておいて夏の終わり頃に初めて出荷され店頭にならぶお酒、それが「秋上がり」です

僕は以前から「ひやおろし」という名称は嫌いで、「秋上がり」という名称で統一してお客様には説明しております
(ラベルに「ひやおろし」と書かれたものは便宜上使わざるを得ないですが)

新酒をすぐに出荷するいわゆる「しぼりたて」 は荒々しくてフレッシュな酒質が特徴で、これはこれでうまいのですが、

夏の間まで蔵でおやすみまんされて味も香りも落ち着き円熟した旨みと口当たりが増したお酒は、清酒の真骨頂ではなかろうかと僕は思います

そんな思いから、出荷ベースでの言い方っぽい「冷や卸」 より、酒質ベースの言い方っぽい「秋上がり」 を使うようにしております

ついでに言うと、現在の蔵での貯蔵方法のほとんどは瓶囲い(瓶での貯蔵)で、冷蔵庫内の温度は一桁℃とかの低温貯蔵ですから、
蔵内の温度と外気温がほぼ一致するタイミングで出荷するという「冷や卸」のもともとの語義からもほど遠いものになってますので適切かどうかはわかりませんし、低温貯蔵では熟成もほとんど進まないので味のりなどの熟度も不足しているモノが多いので、本物の「秋上がり」というよりは「季節モノ」商品としての意味合いが強いのが現状です

蔵に聞いても「3000℃」の意味を知らない所がほとんどだそうです


しかしながら曲がりなりにも熟成された酒はうまい!

もうちょっとで窪田屋の「秋上がり」 商品のラインアップが出揃いますので、しばしお待ちください! (あと2蔵ほど……)


という訳で、今週もどうぞよろしくお願い申し上げます


いつもご愛顧いただきありがとうございます


ばいびっ


Koki
イベント・お知らせ
  • 店舗トップ
  • サイト内検索
  • rss・feed
  • サイトトップ・ゆめーてる商店街
  • 会員店舗紹介

窪田屋酒店

東京都練馬区|西武池袋線大泉学園駅北口|アニメと特撮・銀河鉄道999の街