練馬区大泉学園ゆめーてる商店街

窪田屋酒店

『わかむすめ 薄花桜』 レビュー! おったまげた! ぶっとび燗!

どーもです!

先日ご来店して下さった『わかむすめ』醸造元・「新谷酒造」さんの新谷さんからおみやげ(サンプル)を頂きました!

それが『わかむすめ 薄花桜』 という酒銘


“西都の雫”を使うことの多い新谷酒造さんですが、こちらの薄花桜は“ヒノヒカリ” という飯米を使用しております

ヒノヒカリはコシヒカリ系統の米らしく、割と使っているお蔵さんもいらっしゃるような気がします


“亀の尾” を筆頭として“飯米の酒化” を推進する会でも発足しようかと思っていますが山田錦の対抗馬としては弱いか……?


個人的に、最近は飯米の酒を飲む機会が多くなってきました
“醸は農なり” 精神の極右みたいにはなりたくないですが、ひとつの酒の未来の可能性として、今後も飲み続けていこうと思います


で、話を戻します!

この『薄花桜』、新谷さん曰く“これをガッツリ燗したらうまい” とのこと

ならばと……やりました! とびきり燗!
飯米・アチアチ・清酒ね


その前に例によって40~50℃くらいのぬる燗~上燗ほどで飲むと、あぁ、飯米だって分かる野性的な酸が浮き上がってきてバランスはよくなかったです、中途半端感(中途半端燗)満載でした

ガッツリ……と言ったのでいっそのこと60℃弱まで上げて飲みましたところ
……

なんだこれっ!!?
普通ならここまでやったら味もぶっとんで何もわからないただの辛い汁みたいになるものですが、
『薄花桜』は入口にが来て、続いて“甘み(!)”が押し寄せてきました! その後中盤から辛味がググンと伸びたあと、
後半は再度がやってきて何事もなかったかのように味切れしていきます! ほんとなんも残りませんでした!

これ、飯米だよな? と思うほど見事!! バランス良!


ということで、この燗は“神亀”さんにも迫り得るガッツリ燗のダークホースと認定しました

今まで窪田屋でこの温度帯では神亀さんの独壇場だったのですが、
いかんせんあの熟成の香りが苦手な方もいらっしゃるので、そうなると若めの酒質でガッツリ燗上がりするポジションって実は今まで空白だったんですね……

そこのポジションに居座れる酒がようやくできたと個人的には非常にはしゃいでおります

もちろん『わかむすめ 月草』というクラマスターで金賞獲った酒もあるので、いいあんばいでお客様へのご提案ができそうです!


ということで、来月11月にこの『薄花桜』を入荷する予定ですので、来ましたらどうぞお試しくださいませ


どうぞよろしくお願い申し上げます


いつもご愛顧いただきありがとうございます!


ばいびっ


Koki
イベント・お知らせ
  • 店舗トップ
  • サイト内検索
  • rss・feed
  • サイトトップ・ゆめーてる商店街
  • 会員店舗紹介

窪田屋酒店

東京都練馬区|西武池袋線大泉学園駅北口|アニメと特撮・銀河鉄道999の街