練馬区大泉学園ゆめーてる商店街

窪田屋酒店

『今錦 しぼりたて生原酒 槽場詰め』 初登場! 槽場から直送!

今錦 しぼりたて生原酒 槽場汲み ①

どーもです!

ついこの間まで“あきあがり” を紹介していたのに、もう“しぼりたて” の時期ですか……早すぎやしませんかね?笑

おこたでアイスみたいなもんなのでしょうか、かクーラーにおでん? まぁ楽しみ方の一つとしてとらえましょうか!

そんな訳で、長野は上伊那の中川村から新商品が登場しました!

今錦 しぼりたて生原酒 槽場詰め

今錦 しぼりたて生原酒 槽場汲み ②

醸造元の「米澤酒造」さんに関しては以前に色々と書きましたので、そちらもご高覧頂ければ幸いです。 【蔵元訪問記】も併せてご覧くださいませ

お米は「中川村」産村産の酒造好適米 美山錦を全量使用しております
今日日、県産米を名乗る地酒さんが多い中で、村の米使用と地域に根差した本物の地酒です

今錦 しぼりたて生原酒 槽場汲み ③

で、今回初の試みとなるのが 槽場詰め です
今錦は全量を槽(フネ)で搾ります。現代ではアコーディオンのような自動圧搾機で搾る蔵がほとんどですが、しぼりたての旨さは断然フネに軍配があがります

自動圧搾機は醪に圧をかけて半ば強制的に酒粕と新酒に分離しますが、
槽の場合、袋に詰めた醪を積み重ねていくと、その醪たちの自重で自然に圧がかかりゆっくりと搾られていきます
負荷を極力かけないことで雑味の少ないフレッシュさ全開の酒になるらしいです

で、そのフナくちから垂れる新酒をその場で詰めたものが、槽場詰め(あるいは槽場汲み、直汲みともいう)です

蔵人の誰しもが言います
“しぼりたてのお酒ってなんでこんな美味しいんだろう……”
本来は蔵人の特権というか、蔵人しか飲むことのできなかったしぼりたての槽場詰め



そういえば以前米澤酒造さんに行った際に、蔵の方針というかどういう考えのもとお酒を造っているのか尋ねたことがありました

“「フナ口から出てくる新酒の美味しさ」をお客様にお届けしたい”

とこう仰っておりました
そのコンセプトにバッチリハマっているのが今回の「しぼりたて 生原酒 槽場詰め」 ではないでしょうか? まさに“蔵の想いが存分に詰まった一本” !!

ということで蔵にとっても僕にとっても期待の新商品でござい!


今錦 しぼりたて生原酒 槽場汲み ④

皆様、どうぞお試しくださいませ! 蔵人しか飲めなかった酒を追体験してみてくださいね!!

どうぞよろしくお願い致します!!



いつもご愛顧いただきありがとうございます!


ばいびっ!


Koki
イベント・お知らせ
  • 店舗トップ
  • サイト内検索
  • rss・feed
  • サイトトップ・ゆめーてる商店街
  • 会員店舗紹介

窪田屋酒店

東京都練馬区|西武池袋線大泉学園駅北口|アニメと特撮・銀河鉄道999の街