練馬区大泉学園ゆめーてる商店街

窪田屋酒店

カラス? カメ? 限定流通版「八咫烏 亀の尾」 入荷です!

やたがらす 亀の尾

どーもです!

先日は

八咫烏(やたがらす) 純米吟醸 亀の尾

が入荷しました!

亀の尾っぽみたいな米のカタチから命名されたのか、
はたまた阿部亀冶さんからもじられたものなのか、

とにかくこの「亀の尾」は幻の酒米として、今なお絶大な支持を得ております。

それに一役買ったのは『夏子の酒』というマンガ。
幻の酒米「龍錦」で酒を造ろうとする蔵の群像劇ですが、
まさにその「龍錦」が「亀の尾」のことを指しております。


まぁそんな亀の尾を使用した純吟なので、高いんですね。

このやたがらすの通常売価は5500円の税別なので、
税込だと6000円近くなる訳です。
外食できますね。
では6000円分の味わいかというと、実はそうでもない。
それはこの「八咫烏 亀の尾」が美味しくないということではなく、

亀の尾は飯米の系統なので、味が多い。
何か高い酒とか吟醸系ってさわりのない、キレイなイメージを持つ方がいらっしゃるのですが、
それを期待して飲むと、何かトラッシュのような、アナーキーな酒質に驚くのではなかろうか、と個人的に思います。

で、この八咫烏は5500円が特別流通価格2800円で入荷できたので、飲んでみました。
もし二重価格ならば消費者庁にたれこんでやろうと思いましたが、味を見てからにします。

冷や

香り系の酵母使用なだけあって、さぞプンプンかと思いきや、さほど華やかではなかったのは幸い。
含んだ瞬間、「あ、亀の尾(飯米)だ」と思うほどに、
味の多さ、悪く言えば味のキタナさ(まずいという意味ではない)が主張されている。
この雑味は終盤まで衰えることなく、口の中を縦横無尽に駆け回る(これがアナーキーさ)が、
尻のキレは意外なほど潔い。
亀の尾の特徴である酸、その酸が高いのか余韻に渋とわずかな雑味は残るものの、味のキレは存外良好。

亀の尾信仰には辟易しますが、僕も実は亀の尾のワイルドさとアナーキーさに惹かれた男の一人でして、
これからの亀の尾酒の進化に期待しております。

なんやかんや言いましたが、素直に亀の尾を表現している酒だと思いましたし、
亀の尾を知る案内役的な酒であろうと思います(酒銘が「やたがらす」なのもそれっぽいですしね)。
5500円ならまず買わないですけど、2800円(ほぼ半額)なら試してみる価値はあると思います。

ただ純米吟醸表記はよして、純米酒、せいぜいが特別純米酒表記が妥当かと思います。

で、実はタイミング的にもう一本、亀の尾の酒が入りましたので、後日そちらもご案内できれば幸いです。

どうぞよろしく。



いつもご覧いただきまたご愛顧いただきありがとうございます。

ばいびっ

K◎
イベント・お知らせ
  • 店舗トップ
  • サイト内検索
  • rss・feed
  • サイトトップ・ゆめーてる商店街
  • 会員店舗紹介

窪田屋酒店

東京都練馬区|西武池袋線大泉学園駅北口|アニメと特撮・銀河鉄道999の街